プロローグストーリー4
大神勇人&倉知蓮


twitterでシェアする facebookでシェアする googleプラスシェア

Share


大神「そこでさ、彬センパイが立ち上がったワケよ! 同期の俊介サンを不当なリストラから守るって!」


大神「くぅ~! さっすが彬センパイ! 漢の中の漢!


倉知「そうやって盾突くから、朝日奈さんまで辞めさせられることになったんだろ……意味ないよ。」


大神「バカ言うな! 彬センパイは上層部に取引を持ちかけたんだぜ? 賭けにでたんだよ!」


倉知「取引って?」


大神「新会社立ち上げだよ! 俊介サンの才能を信じて、それを彬センパイが形にするって宣言したんだ。」


倉知「へぇ……すごい自信だね……」


大神「彬センパイなら確実に実現できるさ! ってか、取引に応じた上層部もなかなか見所あるよな。城崎サン、だっけ?」


倉知「なんで上から目線なんだよ……ま、いいけど。おれも辞めるし。」


大神「はぁっ!? オマエ、辞めんの!? オレらの年次ってまだリストラ対象外じゃね?」


倉知「別に働きたくて就職したわけじゃないし。いい機会だから辞めることにしただけ。」


大神「オマエ、妙なとこで行動力発揮すんなよ…つーか、そんな大事なこと、なんで言ってくれなかったんだよ!」


倉知「別に。勇人には関係ないし。」


大神「同期だぞ、関係あるに決まってるじゃねぇか!」


倉知「……じゃあ、今言ったから、そういうことで。」


大神「なんだよ……寂しいこと言うなよ。オレさ、好きなんだよ。オマエの絵とか、あと彫刻とか。」


倉知「ふーん、それはありがと。」


大神「そうだっ!


倉知「きゅ、急に大声だすなよ……」


大神「決めた、オレも辞める!


倉知「……は?」


大神「でもって、彬センパイについてく! 蓮、サンキューな!


倉知「なに? 話が見えないんだけど。」


大神「こんな会社辞めたっていいってこと、気づかせてくれたじゃんか。年次なんか関係ねぇ、彬センパイが行くトコ、この大神勇人もアリってことだ!」


倉知「あー、そう。じゃあ、がんばってね。」


大神「てことで、明日さっそく2人で人事行こうぜ!


倉知「……2人?」


大神「オマエも一緒に行くんだよ。だってほら、次の仕事決まってるワケじゃねぇんだろ?」


倉知「……おれ、しばらく働かないつもりだったんだけど……」


大神「オレ、オマエともっと仕事してみたかったんだぜ? よっしゃ、オレたちの未来にカンパイだ!」


倉知「……きいてないし。はぁ、まあいいか、断るのも面倒だし。適当にやってればクビにしてもらえるかな……」


大神「カンパーイッ!!



<<前へ    TOP戻る    次へ>>


twitterでシェアする facebookでシェアする googleプラスシェア

Share